資格

【2020年4月】投資信託2級の合格攻略ポイントと勉強時間【難易度,過去問,解答速報】

 

[voice icon=”https://kijineko55.com/wp-content/uploads/2019/11/きじねこ_20191121124827.png” name=”きじねこ” type=”l”]

銀行業務検定 投資信託2級を受験する方へ

投資信託2級ってどんな試験?

合格率はどれくらい?どんな問題が出題されるの?

みんなの口コミが知りたい!

[/voice]

 

これまで銀行業務検定を30科目以上分析してきた私が、そんなあなたの疑問にお答えします。

 

 

投資信託2級の合格攻略ポイント

投資信託2級の概要

ー参照:経済法令研究会

 

対象:役席者・専担者など

内容:投資信託をセールスするにあたって必要とされる専門知識や、より高度なセールス技能について

試験実施:年1回、3月のみ

関連科目:投資信託3級金融商品取引3級預かり資産アドバイザー2級預かり資産アドバイザー3級保険販売3級

 

投資信託2級の合格率と難易度

投資信託2級の過去3回の受験者数と合格率は以下の通りです。

ー参照:銀行業務検定協会

 

毎回約500名程度が受験する、かなり小規模な試験です。

合格率は平均29%程度、難易度は中級〜上級レベルです。

記述式試験にしては、比較的合格率は高めだと思います。

受験者の平均年齢は36歳。専担者や役席者などの受験者が多いため、記述式であっても高い合格率を維持していると予想されます。

 

投資信託2級の口コミ

 

 

 

受験者が少ない割に、口コミが意外とありました!

口コミによると、合格点ギリギリで合格された方が多かったようです。

記述式ですので、部分点での加点が合否を大きく分けたようです。

中級〜上級レベルの試験ですので、しっかり対策をして望むことが必要だと言えそうです。

 

 

投資信託2級の過去問分析

過去3年間の出題された問題で特に正解率が低かった問題は以下の通りです。

ー参照:銀行業務検定協会

 

過去に出題された問題テーマでも、論点が異なっているなどの応用が入ると正解率が低くなるようです。

実務に関する考え方や理論など、正確で確実な理解をすることで多様な出題に対応できるようにしましょう。

 

また、投資信託の仕組みや機能などの基本的な知識を習得することは、この試験の基本と言えます。基礎を固めるためには、関連図書などで十分学習しましょう。

 

問題によっては、全く解答をしていない答案もあるようです。

問題数も少ないため、完全な解答が導き出せなくても、自らの持っている知識を時間いっぱい書くことで部分点を狙いましょう

その1点で合否を分ける可能性があります!




投資信託2級のおすすめテキスト

 

 

投資信託2級には公式テキストがありません。

基礎知識が十分でない方は、関連書籍も活用することをおすすめします。

created by Rinker
¥2,750 (2020/11/25 22:49:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

投資信託2級の勉強方法と勉強時間

勉強方法

 

投資信託2級は基本的には、過去に出題された問題の類題が出題される傾向にあります。

問題解説集には、過去8回の問題が収録されています。

投資信託に関しては、法改正や新制度などがしばしば行われていますで、注意が必要です。

基本的には、近年の問題に重きを置いて繰り返し学習しましょう。

出題傾向の把握と苦手分野の克服を意識しましょう。

 

問題解説集の冒頭部分には、法改正・新制度についての解説がありますのでしっかり理解して基礎固めをしましょう。

 

記述式の試験ですので、初見問題が出たときに無回答になる可能性も高いです。

問題数が多いですが、問題解説集に載っている問題は必ず一読しておくことをおすすめします。部分点での加点を狙って、時間いっぱい解答しましょう



勉強時間

 

投資信託2級
学習期間の目安は約3週間

 

必要な学習期間は、実務経験の有無など予備知識量に大きく左右されます。

早めにテキストを購入して過去問題のレベルを把握し、事前に学習計画を立てることをおすすめします。

 

 

投資信託2級の解答速報

 

銀行業務検定の合否通知は、約1ヵ月以降、郵送にて通知されます。

また試験3日後経済法令研究会にて正答発表が行われます。

しかしながら、投資信託2級は記述試験のため、正答発表は行われません



試験後すぐに解答を確認したい場合は、こちらのサイトがおすすめです。

 

検定試験解答速報

 

確実な正答ではありませんが、目安とすることもできますので、ぜひ参考にして活用してみてはいかがでしょうか?

 

投資信託2級の次に受けるべき試験は?

 

投資信託2級に上位級はありません。

預かり資産担当としては、預かり資産アドバイザー2級などがおすすめです。

また管理職としては、ホスピタリティ3級金融コンプライアンス・オフィサー2級などがおすすめです。

 

また新設された試験で、金融AMLオフィサーがあります。年々受験者が増えていますので、まだ取得されていない方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

[box class=”blue_box” title=”投資信託2級のポイント”]

  • 役席者や専担者を対象に、投資信託の専門知識や高度なセールス技能の試験
  • 合格率は29%程度、難易度は中級〜上級レベル
  • 問題解説集を徹底的に学習し、基礎知識を固めて部分点の積み上げを狙う
  • 学習期間の目安は3週間〜

[/box]