資格

【2020年10月】預かり資産アドバイザー2級の合格攻略ポイントと勉強時間【難易度,過去問,解答速報】


スポンサーリンク



銀行業務検定 預かり資産アドバイザー2級を受験する方へ
預かり資産アドバイザー2級ってどんな試験?合格率や難易度を知りたい。
オススメのテキストは?

 

[voice icon=”https://kijineko55.com/wp-content/uploads/2019/02/スパイの猫.png” name=”きじねこ” type=”l”]これまで銀行業務検定試験を30科目以上分析してきた私が、そんなあなたの疑問にお答えします。[/voice]

 

 



スポンサーリンク

預かり資産アドバイザー2級の合格攻略ポイント

預かり資産アドバイザー2級の概要


まずはじめに、預かり資産アドバイザーという科目には、これまで2級しかありませんでした。2019年10月の試験で、預かり資産アドバイザー3級が新設されました。

 

しかしながら、特に周知はないためこれまでの出題形式や科目構成には変更はないようです。

 


ー参照:経済法令研究会

 

対象:窓口・渉外の担当者
内容:投資信託、個人年金保険・外貨預金等のいわゆる預かり資産のセールスに必要な専門知識やセールス技能について

預かり資産アドバイザー3級では、基礎的知識について。
2級では専門的知識について問われることになりそうです。

 

 

預かり資産アドバイザー2級の合格率と難易度

過去2回の預かり資産アドバイザー2級の受験者数と合格率です。

 


ー参照:銀行業務検定協会

 

35歳前後の中堅行員が受験者が多いようです。

また、受験者数は1,500名程度の小規模の試験です。
合格率は比較的高く、平均55%程度です。難易度は初級レベルと言えそうです。

とはいえ、冒頭でもお伝えした通り、今回から新たに預かり資産アドバイザー3級が新設されました。それに伴い、基礎的問題は3級で、より専門的な知識については2級で出題される可能性が高くなります。

 

3級が新設されて、はじめての試験となることから傾向の把握はできませんが、合格率の高い試験だからと油断をせずに学習に取り組んで欲しいと思います。



預かり資産アドバイザー2級の口コミ

 

受験者数も少ないため、あまり口コミも見られませんでした。

今回は、3級試験も新設されるため2級の試験にも影響が考えられますが、過去問題をしっかり学習して合格につなげられるように取り組みましょう。



預かり資産アドバイザー2級の過去問分析

過去2回分の出題問題のうち、特に正解率が低かった問題は以下の通りです。

 


ー参照:銀行業務検定協会

 

出題傾向の特徴としては、どの問題も基本的な事項に関する問いが多いようです。

これまでにない、図による出題があった場合に、正解率が低くなっていたようです。

過去問の踏襲ではなく、選択肢や問題文に変化があった場合も、対応できるように、テキストの解説を十分に理解する必要があるようです。

とはいえ、テキストを十分に学習すれば、確実に合格を狙える試験であると言えそうです。

 

 

預かり資産アドバイザー2級のおすすめテキスト

 

預かり資産アドバイザー2級には、公式テキストは出版されておらず、過去問題集のみとなっています。

他の参考図書もなく、通信講座があるだけですので、この過去問題集で十分学習に間に合うと言えます

 

 

預かり資産アドバイザー2級の勉強方法と勉強時間

勉強方法

直近3回分に重点を置き、3周して繰り返し問題を暗記しましょう。

制度改正等もありますので、過年度の問題を解く場合には注意しましょう。

 

記述問題に関しては、解答をよく理解し、問題の解答の趣旨を理解しましょう。ポイントを抑えて暗記することで効率的に学習をすることができます。

3回分を解いたあと、傾向や問題内容の理解が深まっていると思います。
残りの過去問題にも触れて、試験で初見の問題がでることのないように、過去問題は網羅しておきましょう。



勉強時間

預かり資産アドバイザー2級の学習期間目安は2週間

 

FP資格をすでに取得しているかたならば、1週間でも十分合格できるレベルかもしれません。実務との経験など、必要な学習期間は個人差が大きいため、早めにテキストを購入して過去問題のレベルを確認することをおすすめします。

 

 

預かり資産アドバイザー2級の解答速報

試験後すぐに解答を確認したい場合は、こちらのサイトがおすすめです。

こちらのサイトは、受験者の投票によって解答が多数決で分かる仕組みとなっています。

試験終了後は、サーバーが繋がりにくくなりますが、少し時間を置いて確認することをおすすめします。

確実な正答ではありませんが、合格ラインの目安に活用してください。

きじねこ

ぜひ、参考程度に活用ください

銀行業務検定試験の合否通知は、試験後1ヵ月以降に郵送にて通知されます。

また、3日後の17:00〜経済法令研究会にて正答発表が行われます。

きじねこ

※注)記述式部分の正答発表はありません

 

 

預かり資産アドバイザー2級の次に受けるべき試験は?

 

預かり資産アドバイザー2級と種目が類似する試験としては、投資信託3級、保険販売3級などがあります。また年金アドバイザー3級もおすすめです。

 

また、最近新設された試験で金融AMLオフィサーがあります。

中堅行員の方であれば、金融AMLオフィサー[実務]を受ける方が多いです。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



まとめ

[box class=”blue_box” title=”預かり資産アドバイザー2級POINTs”]

  • 合格率は55%程度。難易度は初級レベル。
  • 3級の試験が新設で、内容レベルが高くなる可能性も?
  • 過去問題集のみで十分合格可能
  • 学習期間の目安は2週間。記述問題もポイントを抑えて効率的に学習


[/box]