資格

【2020年4月】経営支援アドバイザー2級の合格攻略ポイントと勉強時間【難易度,過去問,解答速報】


スポンサーリンク



[voice icon=”https://kijineko55.com/wp-content/uploads/2019/11/きじねこ_20191121124827.png” name=”きじねこ” type=”l”]

銀行業務検定 経営支援アドバイザー2級を受験する方へ

経営支援アドバイザーってどんな試験?合格率を知りたい!

どんな問題が出題されるの?

[/voice]

 

これまで銀行業務検定試験を30科目以上分析してきた私が、そんなあなたの疑問にお答えします。

 



スポンサーリンク

経営支援アドバイザー2級の合格攻略ポイント

経営支援アドバイザー2級の概要

 


ー参照:経済法令研究会



内容:取引先中小企業の真の企業力を評価するとともに企業の成長・事業の継続を支援するために必要とされる基本的知識および実践的能力

試験日:年1回、3月のみ

関連種目:窓口セールス3級法人融資渉外2級法人融資渉外3級事業性評価3級個人融資渉外3級デリバティブ3級事業承継アドバイザー3級

 

経営支援アドバイザー2級の合格率と難易度

 


ー参照:銀行業務検定協会

 

受験者は毎回1,500名程度の小規模の試験です。合格率は平均35%程度の、難易度は上級レベルの試験です。

対象が営業店の法人担当者向けの試験であるため、平均年齢37歳前後の受験者が多いようです。

択一問題と合わせて記述問題もあるため、難易度は比較的高いですが実務など経験豊富な受験者が多いため、ある程度の合格率を維持しているのではと推測されます。

 

経営支援アドバイザー2級の口コミ

 

 

受験者が少ないにも関わらず、受験者の口コミも多く発見できました。

みなさん、年に1回しかない試験のため合格の喜びも大きいようです。

経営支援アドバイザー2級の試験は実務などに役立ったという意見もあり、しっかり勉強することで今後の仕事でも活かすことのできる試験のようです。

 

経営支援アドバイザー2級の過去問分析

過去3回分の過去問のうち、特に正解率の低かった問題についてまとめています。

 


ー参照:銀行業務検定協会

 

分析や算出に関する問題の正解率が比較的低いようです。

金額や数値を求める算出方法のメリット・デメリットについてはしっかり学習することがポイントのようです。

また記述式に関しては、出題の意図を理解し適切な解答をすることが大切です。

事例のない一般論や現実的でない提案などは、マイナス評価となりうると講評されています。

 

 

経営支援アドバイザー2級のおすすめテキスト

 

 

公式テキストと合わせて学習することをおすすめします。

より理解を深めるために、関連書籍も合わせてご紹介します。

 

経営支援アドバイザー2級の勉強方法と勉強時間

勉強方法

 

過去の出題傾向を把握するために、問題解説集にて過去問の学習に一番力を入れることをおすすめします。

60%以上の合格基準を目指すために、50点ある択一式の正解率をあげることが一番効率的です。

過去に出題された問題は確実に取れるように繰り返し学習しましょう。

 

また、上記の過去問分析でも述べたように記述式では適切な解答でなければ点数が加算されにくい傾向にあるようです。

 

  • 数値などの算出法
  • 定事例・一般論
  • ガイドライン

 

など、制度や仕組みなどを十分に理解したうえでの解答が求められます

これらをより理解するためには、公式テキストを活用して学習することが望ましいと言えそうです。

 

経営支援に“絶対の答え”というのはありませんが、どのようにアプローチしていくのか理解するように学習に取り組むことが好ましいと講評でアドバイスされています。

 

勉強時間

経営支援アドバイザー2級
合格の勉強時間目安は3週間

 

勉強時間に関しては、個人の予備知識・実務経験などがどれだけあるかに大きく左右されます。

またコツコツ勉強することが得意な方は、少しずつ長期に渡って学習する方がいいでしう。

最低2ヵ月前には余裕を持って、テキストを購入し一読しておくことをおすすめします。自分の実力と試験のレベル感を知ることができるので勉強の計画を立てやすくなると思います。

 

 

経営支援アドバイザー2級の解答速報

 

銀行業務検定は、試験後約1ヵ月以降、郵送にて合否通知が行われます。

また、3日後の17:00〜経済法令研究会のHPにて正答発表が行われます。

しかしながら経営支援アドバイザー2級は、一部が記述式試験のため、記述式の問題については正答発表は行われません

 

試験後すぐに解答を知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてください。

 

検定試験解答速報

 

受験者が択一式については投票形式に、記述式に関しては解答を書き込める掲示板を設置しています。

 

確実な正答とは言えませんが、合格の目安程度に活用してください。

 

 

経営支援アドバイザー2級の次に受けるべき試験は?

 

法人担当としては、法人融資渉外2級や事業承継アドバイザー3級などがあります。

経営支援アドバイザーの受験者層は管理職の方々が多いようです。営業店マネジメントⅠ金融コンプライアンス・オフィサー1級などの種目も役に立つと思われます。

 

また新設された金融AMLオフィサー試験も受験者の多い試験です。

まだ取得されていない方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

[box class=”blue_box” title=”経営支援アドバイザー2級のポイント”]

  • 法人担当者向けの、択一・記述式の試験
  • 合格率は平均35%、難易度は上級レベル
  • 応用的な問題に対応するために、公式テキストも合わせて活用するのがベター
  • 最低1ヵ月程度の勉強時間は確保すべき

[/box]