資格

【2020年4月】税務4級の合格攻略ポイントと勉強時間【難易度,過去問,解答速報】

財務会計

[voice icon=”https://kijineko55.com/wp-content/uploads/2019/11/きじねこ_20191121124827.png” name=”きじねこ” type=”l”]

銀行業務検定 税務4級を受験する方へ

税務4級ってどんな試験?合格率はどれくらい?

みんなの口コミが知りたい!

[/voice]

 

これまで銀行業務検定試験を30科目以上分析してきた私が、そんなあなたの疑問にお答えします。

 

税務4級の合格攻略ポイント

税務4級の概要


ー参照:経済法令研究会

 

対象:初級行職員など

内容:税務全般に関する最も基礎的な知識について

試験日:年1回、3月のみ

関連試験:税務3級税務2級

 

税務4級の合格率と難易度

 


ー参照:銀行業務検定協会

 

受験者数は毎回2,500名程度の中規模の試験です。

合格率は平均61%程度の、難易度は初級レベルの試験です。

対象が初級行職員向けのため、平均年齢26歳前後の受験者が多いようです。

昇格要件などに指定されるのは銀行業務検定試験では3級以上が多いようですが、いきなり3級を受験するのが心配な方はこの試験をステップとして受験するにはおすすめです。

三択問題ですので、比較的難易度も低く、税務知識の基礎を学習するには最適な試験となってます。

 

税務4級の口コミ

 

https://twitter.com/marumaruoo8/status/837857199418400772?s=20

 

 

受験者が少ないためか、あまり有益な口コミが見られませんでした。

短い勉強時間で臨んだ人や、意外と難しくて苦戦している人など様々でした。

FPなど金融系の試験をこれまで受けたことがない人は、税の用語や制度など初めて見るものも多く苦戦する人もいるようです。

 

税務4級の過去問分析

過去3回分の過去問のうち、、特に正解率の低かった問題についてまとめています。

 


ー参照:銀行業務検定協会

 

税務に関する制度に関しては、税制改正がしばしば行われていることからそれをしっかり理解をしているかが重要なポイントとなります。

過去に出題された問題の類似問題からの出題が多いようですが、条件等が変更になった場合に正解率が低くなる傾向にあるようです。

問題解説集に付随する解説も十分に理解し、派生する問題も対応できるように学習しましょう。

 

 

税務4級のおすすめテキスト

 

 

税務に関しては、税制改正などがしばしば行われていることから、中古ではなく最新テキストを購入することが好ましいです。

公式テキストはありませんが、基礎知識を身に付けたい場合はこちらの関連図書を参考にしてください。

created by Rinker
¥3,097 (2020/11/26 10:58:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

税務4級の勉強方法と勉強時間

勉強方法

 

銀行業務検定の試験自体が初めての方もいらっしゃるかと思います。

銀行業務検定試験の基本の勉強法は

[box class=”blue_box”]

  • 問題解説集をメインに解く
  • 過去5回分を最低3周して傾向を把握
  • 分野・テーマごとに通して解くことで応用問題などのパターンを把握する

[/box]

また、問題解説集は1回分ごとに切り分けて学習する方法がおすすめです。

各回を解く達成感もありますし、見直しなどもやりやすくなります。

 

また過去問分析でも解説したように税務に関しては、税制改正を理解しているかが重要なポイントとなっています。

関連図書を参考にしたり、問題解説集の解説をよく理解することをおすすめします。

また、財務省のパンフレットなども分かりやすくまとめられているため講評でも推奨されています。

 

 

金融系の用語の暗記が難しいと感じるかもしれませんが、あまり考え込まずに繰り返し問題を解くことに重きをおいてください。

問題を重ねていくごとに、用語や制度の理解もより深まるため、より効率の良い勉強ができると思います。

 

勉強時間

税務4級
合格のための勉強時間は2週間

 

できるだけ短期間で合格を目指すのであれば、短期集中で勉強することをおすすめします。

この試験を受験する方は、試験に不慣れな方も多いかもしれませんが、用語などはほぼ丸暗記する気持ちで臨んだ方が短期間での合格を目指すことができます。

 

丸暗記の学習が苦手な方は、1ヵ月ほど余裕を持って学習することをおすすめします。

 

まずは早めにテキストを買って、届いたら一読することをおすすめします。問題のレベル感と自分の実力と確認することができるので学習の計画を立てやすくなると思います。

 

税務4級の解答速報

 

銀行業務検定は、試験後約1ヵ月以降、郵送にて合否通知が行われます。

また、3日後の17:00〜経済法令研究会にて正答発表が行われます。

 

試験後、すぐに解答を知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてください。

 

検定試験解答速報

 

受験者が自らの解答を投票することで多数決で、解答がわかる仕組みになっています。

確実な正答とは言えませんが、合格基準の目安程度に活用してください。

 

税務4級の次に受けるべき試験は?

 

今回税務の基礎知識を習得できたので、ぜひ税務3級にチャレンジしてみてください。

また他の科目の基礎試験では、法務4級財務4級などがあります。

 

新設された試験で金融AMLオフィサー試験があります。金融AMLオフィサー[基礎]は初級行職員も多く受験するしけんですのでぜひチャレンジしてみてください。



まとめ

 

[box class=”blue_box” title=”税務4級合格のポイント”]

  • 初級行職員向けの、税務基礎知識の三答択一式の試験
  • 合格率は平均61%、難易度は初級レベル
  • 制度改正をしっかり確認し、最新テキストで臨むことがベスト
  • 2週間で最短合格を目指すが、まずはテキスト早く購入しレベルの確認を!

[/box]