資格

【2020年4月】外国為替2級の合格攻略ポイントと勉強時間【難易度,過去問,解答速報】


スポンサーリンク



[voice icon=”https://kijineko55.com/wp-content/uploads/2019/11/きじねこ_20191121124827.png” name=”きじねこ” type=”l”]

銀行業務検定 外国為替2級を受験する方へ

外国為替2級ってどんな試験?

どんな問題が出題されるの?合格率を知りたい!

[/voice]

 

これまで銀行業務検定試験を30科目以上分析してきた私が、そんなあなたの疑問にお答えします。

 



スポンサーリンク

外国為替2級の合格攻略ポイント

外国為替2級の概要

 

ー参照:経済法令研究会

 

内容:外為業務全般にわたる応用実践的な実務知識

試験日:年1回(3月のみ)

関連種目:外国為替3級

 

 

外国為替2級の合格率と難易度

過去3回分の受験者数と合格率は以下の通りです。

ー参照:銀行業務検定協会

 

受験者は毎回1,000名程度の小規模の試験です。合格率は平均26%程度、難易度は上級レベルです。

合格率は2018年が15%と極めて低く、その他の年も30%程度の合格率です。

受験者の平均年齢は33歳前後の中堅行員の受験が多いようです。

営業・渉外の役席者・専担者向けの試験となっており、記述式で総合的な理解力の求められる難易度の高い試験であると言えそうです。

 

外国為替2級の口コミ

 

https://twitter.com/lozlala8530/status/1092797113006768134?s=20

 

受験者が少ないにもかかわらず、口コミはたくさんありました。

皆さん、外国為替2級の専門的な内容にかなり苦戦しているようです。

法務と違って、書籍の持ち込みなどもできません。

記述式なのでアウトプットすることがかなり厳しくなるようです。

まず基本が理解できていなければ、相当な勉強時間を要するのではないでしょうか。

 

外国為替2級の過去問分析

過去3回分の過去問、特に正解率の低かった問題についてまとめています。

ー参照:銀行業務検定協会

 

  • 信用状に関する問題
  • 輸出為替関連の問題

など毎年共通して受験者が苦手とする問題が見られます。

 

問題解説集に掲載されている過去に出題された問題も正解率が低い問題があるようです。解答が記述すべき内容を十分に満たしていないことが一因として挙げられています。

派生する内容の問題や、応用問題にも対応するために解答解説をよく読み理解することがポイントと言えそうです。



外国為替2級のおすすめテキスト

 

公式テキストは出版されていません

関連図書も参考に学習するとより理解を深めることができると思います。

 

created by Rinker
¥2,530 (2020/11/23 19:54:21時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,200 (2020/11/23 19:54:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

外国為替2級の勉強方法と勉強時間

勉強方法

勉強時間が十分に取れない場合は、問題解説集のみに集中して取り組むのがいいでしょう。

過去に出題された問題の類似問題や応用問題が出題された場合は確実に得点できるよう完璧に暗記できるまで繰り返し取り組むことをおすすめします。

問題解説集を全体を通して取り組むうちに過去の出題傾向が把握できると思います。

傾向から新出問題の割合が多く、対応が難しいと判断した場合は、関連図書を参考にすることが必要となってくると思います。

また応用問題に対応したり、周辺知識を深めるためには関連図書が役に立つと思われます。

実務でも外国為替と関わりがある方は、ぜひ試験を通して知識を深めるためにも参照することをおすすめします。

 

また、持込書籍などは許可されていませんので全て学習した中でアウトプットする力が求められます。

解答として十分な内容を書き示す力を養うことも求められていますので、インプットだけではなく実際に書いて解答を構成する力も練習するようにしてくだい。

 

勉強時間

 

外国為替2級
合格の最短勉強時間は3週間

 

勉強時間に関しては、個人の予備知識がどれだけあるかに大きく左右されます。

またコツコツ勉強することが得意な方は、少しずつ長期に渡って学習する方がいいでしょう。

最低2ヵ月前には余裕を持って、テキストを購入し一読しておくことをおすすめします。

自分の実力と試験のレベル感を知ることができるので勉強の計画を立てやすくなると思います。

 

外国為替2級の解答速報

 

銀行業務検定は、試験後約1ヵ月以降、郵送にて合否通知が行われます。

外国為替2級は、記述式試験のため、通常3日後に行われる正答発表は行われません

試験後すぐに解答を知りたい方は、こちらのサイトを参考にしてください。

 

検定試験解答速報

 

受験者が解答を書き込める掲示板を設置しています。

確実な正答とは言えませんが、正答の方向性だけでも確認する手段になりうるかもしれませんので、目安程度に活用してください。

 

あえて試験後は、(特に記述試験の場合)不確かな解答に踊らされるよりも、気長に結果発表まで待つ方が経験上いいような気もします。

 

 

外国為替2級の次に受けるべき試験は?

 

外国為替2級を受験する方は、中堅行員層が多いようです。

試験の難易度の高い、財務2級税務2級法務2級なども取得している方が多いです。

管理職向けの試験として、営業店マネジメントⅡ金融コンプライアンス・オフィサー2級などもあります。

 

また新設された試験に金融AMLオフィサーがあります。まだ取得されていない方は、こちらもぜひ取得を目指してみてはいかがでしょうか。



まとめ

 

[box class=”blue_box” title=”外国為替2級のポイント”]

  • 外為知識の応用実践問題
  • 持込なしの記述式問題。合格率は26%程度、難易度は上級レベル
  • 1ヵ月以上は勉強時間を確保・早めのテキスト購入をするべき
  • 過去問題集はほぼ完璧に暗記し、確実に点を狙う

[/box]