銀行業務検定

【2020年10月】外国為替3級の合格攻略ポイントと勉強時間【難易度,過去問,解答速報】


スポンサーリンク



 

[voice icon=”https://kijineko55.com/wp-content/uploads/2019/11/きじねこ_20191121124827.png” name=”きじねこ” type=”l”]

銀行業務検定 外国為替3級を受験する方へ

外国為替3級って難しいの?どんな問題が出題されるの?

どれぐらい勉強すれば合格できるの?[/voice]

 

これまで銀行業務検定試験を30科目以上分析してきた私が、そんなあなたの疑問にお答えします。

 



スポンサーリンク

外国為替3級の合格攻略ポイント

外国為替3級の概要

 

ー参照:経済法令研究会

 

内容 :営業店における基本的な外為知識について
試験日:年2回(10月・3月)
関連種目:外国為替2級

 

外国為替3級の合格率と難易度

過去5回分の受験者数と合格率は以下の通りです。


ー参照:銀行業務検定協会

 

毎回約3,000名ほどが受験し、合格率は30%程度です。難易度は中級レベル

試験日は10月と3月の年2回実施されるのですが、比較的3月の方が受験者が多い傾向にあります。合格率については特段差があるわけではなさそうです。

受験者の約半数以上は地銀職員で、平均年齢は30歳前後の方の受験が多いです。

営業・渉外担当となって外為を実務として携わっている方が受験することが予想され、法改正の多い部分もありますので有利に働くと思われます。

 

外国為替3級の口コミ

 

https://twitter.com/traripi_tigar/status/1142038864275488769?s=20

受験者が少ないためかTwitter上では口コミはあまり見られませんでした。
実務で携わっている人以外は特に、専門用語自体に苦戦するようです。基本的には基礎知識が問われますので、正確に用語を暗記して取り組みたいですね。

 

外国為替3級の過去問分析

過去5回分の過去問、特に正解率の低かった問題についてまとめています。


ー参照:銀行業務検定協会スコープ

  • 外為法上の本人確認(2回)
  • 国外送金等調書提出制度(2回)
  • 外国為替の与信リスク(2回)
  • 支払又は支払の受領に関する報告書(2回)

 

上記の問題は数回出題されているものですが、正解率の低い問題となっています。本人確認などは法改正が行われるなどしていますので、直近の過去問を中心に正確な知識のインプットに努めましょう。

 

また、外国為替3級では過去問題と類似した問題がほとんどです。ですから過去問題集で対策は十分に可能です。
しかし、「出題される選択肢の内容が異なる」「過去問題の応用問題」と少し変化すると正解率が下がる傾向にあります。
内容の丸暗記ではなく、周辺知識も合わせて学習することを心がけてください。

 

外国為替3級のおすすめテキスト

 

最短合格を狙う場合は、過去問題集のみでも可能です。

時間的余裕がある方、内容を十分理解したい方などは公式テキストでの学習がおすすめです。

また実務でも役立つ知識を得たい方はこちらの参考図書がおすすめです。

created by Rinker
¥2,530 (2020/11/23 19:54:21時点 Amazon調べ-詳細)

外国為替3級の勉強方法と勉強時間

勉強方法

最短合格を狙うなら問題解説集のみに集中して取り組みましょう

問題解説集には過去4年分の問題が掲載されています。

問題数が少ないですので、全てを最低3周して反復練習しましょう。

繰り返し学習することで出題傾向の把握できるようになるでしょう。

同一テーマを各回を超えて解いていくことで、より内容を深く理解することができるのでおすすめです。

過去問題からの出題がメインですので、過去問題集の丸暗記に注力しましょう。



勉強時間

外国為替3級
学習期間の目安は2週間

最短合格を狙う方は2週間で集中して学習しましょう。

時間的余裕がある方は、公式テキストで、出題ポイントや法改正などをじっくり学ぶことができますので、1ヶ月ほどあれば十分合格できます。

 

もちろん、この勉強時間の目安は個人差があります。

実務で外国為替業務に携わっているなどの基礎知識がある方は、より少ない勉強時間で合格を狙えると思います。

逆に用語を一から学習する必要のある方は、目安よりもより多くの勉強時間が必要と言えそうです。

問題レベルを見極めるためにも、問題解説集を試験申し込みと同時に購入して、早めに一読することをおすすめします。

すでに銀行業務検定を受けてきた方なら、どの程度勉強時間が必要か感覚でわかるようになってきているのではないかと思います。

外国為替3級の解答速報

試験後すぐに解答を確認したい場合は、こちらのサイトがおすすめです。

こちらのサイトは、受験者の投票によって解答が多数決で分かる仕組みとなっています。

試験終了後は、サーバーが繋がりにくくなりますが、少し時間を置いて確認することをおすすめします。

確実な正答ではありませんが、合格ラインの目安に活用してください。

きじねこ

ぜひ、参考程度に活用ください

銀行業務検定試験の合否通知は、試験後1ヵ月以降に郵送にて通知されます。

また、3日後の17:00〜経済法令研究会にて正答発表が行われます。

きじねこ

確実な正答は、3日後!

 

外国為替3級の次に受けるべき試験は?

 

外国為替には上位級の外国為替2級があります。

記述式で、3級よりもさらに応用的実践的な問題が出題されます。簡単に…とはいかないと思いますが、試験日は年に1回、3月だけですので今回の勉強時間を活かして受験するのもおすすめです。

 

また、新設された試験で金融AMLオフィサー試験があります。年々受験者も増加傾向にあります。
基礎・実務と分かれていますので、必要に応じて受験することをおすすめします。

 

 

まとめ

 

[box class=”blue_box” title=”外国為替3級のポイント”]

  • 合格率は30%程度。難易度は中級レベル。
  • 過去問題集を徹底学習
  • 勉強時間は2週間で集中して取り組むべし

[/box]