資格

【2020年4月】JAコンプライアンス3級の合格攻略ポイントと勉強時間【難易度,過去問,解答速報】


スポンサーリンク



[voice icon=”https://kijineko55.com/wp-content/uploads/2019/11/きじねこ_20191121124827.png” name=”きじねこ” type=”l”]

コンプライアンス・オフィサー認定試験 JAコンプライアンス3級を受験する方へ

JAコンプライアンス3級ってどんな試験?

どんな人が受験して合格率はどれくらい?

学習時間はどれくらい必要?

[/voice]

これまで金融関連の試験を40科目以上分析してきた私が、そんなあなたの疑問にお答えします。

 



スポンサーリンク

JAコンプライアンス3級の合格攻略ポイント

JAコンプライアンス3級の概要


ー参照:経済法令研究会

内容:JAの業務(事業共通、信用事業、共済事業、経済事業等)において求められる基本的なコンプライアンス知識など

実施:年1回(3月)

関連種目:金融コンプライアンス・オフィサー1級金融コンプライアンス・オフィサー2級保険コンプライアンス・オフィサー2級金融個人情報保護オフィサー2級金融AMLオフィサー[実践]金融AMLオフィサー[基本]

設問は三答択一式で行われます。
主にJAに勤務する方がメインで受験する試験です。

 

JAコンプライアンス3級の合格率と難易度

過去5回分の受験者数と合格率は以下の通りです。

 


ー参照:日本コンプライアンス・オフィサー協会

 

毎回受験者は2,000名弱ほど受験する小規模の試験科目です。

合格率は非常に高く、80%を超えることがほとんどです。難易度は初級レベル

受験者の平均年齢は40歳前後の方が多いです。受験者の9割以上は信連・農協に勤務する方となっています。

 

 

 

JAコンプライアンス3級の口コミ

 

 

受験者が圧倒的に少なく、対象者も少ないことからほとんど口コミがみられませんでした。

受験者の口コミをみても、そこまで難易度の高くない試験のようです。

合格率の高い試験ですので対策をしっかりして確実に合格できるようにしましょう。

 

JAコンプライアンス3級の過去問分析

過去3回分の試験のうち特に正解率が低かったのは以下の通りです。

 


ー参照:日本コンプライアンス・オフィサー協会

[box class=”blue_box” title=”過去問のポイント”]

  1. 通信講座テキストや問題解説集で対応できる問題が中心
  2. 過去に出題されたテーマの問題が多く出題される
  3. 過去に主題された問題と論点が異なって出題される場合があり、その場合は低い正解率になる傾向にある

[/box]

JAコンプライアンス3級では、問題集などを中心に出題される傾向にあるため、テキストを十分に学習することで合格は難しくない試験だと言えそうです。

 

JAコンプライアンス3級のおすすめテキスト

 

 

公式テキストはありません

問題解説集のみでも十分対策可能と言えそうです。

 

JAコンプライアンス3級の勉強方法と勉強時間

勉強方法

 

JAコンプライアンス3級の問題解説集には、過去4回分の過去問が掲載されています。

問題の傾向を把握するために、4回分を最低3周はしましょう。

問題数も少ないことと、過去の出題傾向は類似しているため、ほぼ暗記できるようにすれば合格ラインは確実に超えられると思います。

問題ごとの解説もよく読み理解を深めることで、新しい論点で出題された場合にも対応することができるのでおすすめです。

 

勉強時間

JAコンプライアンス3級
勉強時間の目安は1週間

 

過去問題数も少ないため、集中して取り組むことができます。

個人差もありますが、3日〜1週間を目安に勉強時間を確保しましょう。

傾向を把握して、頻出テーマのみをまとめて解くなどすると、効率的にテーマ内容を理解することができます。

まずは、早めにテキストを購入して、試験のレベル感と自分の実力を確認することをおすすめします。

 

JAコンプライアンス3級の解答速報

 

コンプライアンス・オフィサー認定試験の合否通知は、試験後1ヵ月程度で郵送にて通知されます。

また3日後の17:00〜経済法令研究会にて正答発表が行われます。

 

もし、試験後すぐに解答を確認したい場合は

 

検定試験解答速報

 

こちらのサイトをおすすめします。

受験者の投票により、最も多かった答えを集計する仕組みのサイトです。

確実な正答ではありませんが、合格ラインの目安としてご活用ください。

 

JAコンプライアンス3級の次に受けるべき試験は?

 

JAコンプライアンス3級には上位級はありません

最近新設された、金融AMLオフィサーは、信連・農協職員の受験者も多数います。

コンプライアンス試験ですので、今回の試験を活かすことができると思います。

 

まとめ

 

[box class=”blue_box” title=”JAコンプライアンス3級ポイント”]

  • 年に1回、約2,000名が受験。合格率は80%強、難易度は初級レベル。
  • 問題解説集を中心に学習。
  • 過去問からの出題多数、問題解説集を徹底暗記。
  • 最短勉強期間は3日間〜

[/box]