証券外務員

【2020最新】証券外務員 オススメの通信講座3選


スポンサーリンク



 

[voice icon=”https://kijineko55.com/wp-content/uploads/2019/11/きじねこ_20191121124827.png” name=”きじねこ” type=”l”]

証券外務員を受験される方へ

金融用語に馴染みがなく、はじめての試験に不安な方。

何度目かの受験で、これまで頑張ってみたけど独学での勉強を断念した方。

絶対次の試験に一発で合格したいという方。

[/voice]

証券外務員資格を保有する私がオススメの通信講座を3つご紹介します。

 

独学での勉強を経験した私からみた「通信講座の特徴を利便性、内容・充実度、価格、安心感の4項目を比較します。

 



スポンサーリンク

すき間時間を有効活用できる「スタディング

 


>>”効率的に資格を取るならスタディング”を見てみる<<

▼総合評価  ー A
利便性    ー★★★★★
内容・充実度 ー★★★☆☆
価格     ー★★★★★
安心感    ー★★★☆☆

 

特徴

効率的に資格を取るならスタディング

もともとは通勤講座という名だけあって、通勤時間などのすき間時間で学習することを重視して作られています。

スマホ学習に特化したプログラムで、細切れ学習でも勉強をすることができるのが最大のメリットです。

なかなか時間をまとめて取ることのできない忙しい方も、電車や車などの通勤時間やお昼休みなどの細切れ学習で、平均2〜3時間の勉強時間で合格を目指すことを目標に設定されています。

 

内容・充実度

講義は全て、ビデオや音声講座のみになり、テキストはWeb上でのみの配信になります。

紙媒体でのテキスト学習を望む方にはおすすめできません

一方で、スマート問題集と言ってWeb上での問題集でスマホから問題を解くことができるので、移動時間にスマホさえあれば学習することができます

 

価格

価格は、一種 8,280円(税抜)二種 9,280円(税抜)

他の大手通信講座会社よりかなり安いのが特徴です。

また、一種・二種どちらの合格も目指すのであれば同時に申し込みをした方がお得です。

最近はよくネット広告でも見かけるようになり、知名度も上がってきているようです。

大手通信講座会社には知名度は劣りますが実績を少しずつ積み重ねている会社だといえます。

 

キャンペーン・無料講座

スタディングでは、講座によってお得なキャンペーンを実施していることもあります。また無料講座や無料セミナーを受講することができますので、もし興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

大手通信講座なら「TAC

 

>>TACのHPをチェック

▼総合評価   ー B

利便性    ー★★★☆☆
内容・充実度 ー★★★★☆
価格     ー★★☆☆☆
安心感    ー★★★★★

 

特徴

資格通信講座で有名な「TAC」。証券外務員対策のテキストも発行しており試験対策には申し分ない実力と言えます。

 

内容・充実度

Web講座・DVD講座・通学講座など多様な種類の講座があり、あなたにあったスタイルを選ぶことができます。

大手ならではの熟練した講師陣が講師を務める講義では、「いかに効率よく合格するかに重きを置いて発信されています。合格に向けて充実した講義を受けることができそうですね。

講義は専用テキストなどが配布され、Webで講義を視聴しながら約1ヶ月程度で合格を目指します。実際にテキストや予想問題集を手にとって学習したい人にはおすすめです。

 

価格

価格は、一種¥15,000〜、二種¥30,000〜。やはり「スタディング」よりは高いです。大手通信講座の安心感を求める方や、テキストを基に勉強をしたい方などにはおすすめです。

 

キャンペーン・無料講座

TACでは、期間限定でお得なキャンペーンを実施していることもあります。申し込む前に一度無料の資料請求をしてその内容を確認してみてはいかがでしょうか。HPもわかりやすく、受講者の声などがありますのでもし興味がある方はぜひチェックしてみてください。

>>TACのHPをチェック

 

計算問題を徹底演習「シグマ個人投資家スクール」

 

>>シグマ個人投資家スクールのHPをチェック

 

▼総合評価   ー B
利便性    ー★★★★☆
内容・充実度 ー★★★★☆
価格     ー★★★★☆
安心感    ー★★☆☆☆

 

特徴

外務員試験で特に苦手と感じる受験者が多い計算問題」と「デリバティブ」に重点をおいて学習をサポートしてくれる通信講座です。あまり聞き馴染みのない会社ですが、創業は30年を超え、主に法人向けにセミナーや資格講座などの金融教育を行なっている会社のようです。

 

内容・充実度

オリジナルのテキストは図解や色使いなどが少々少ない印象ですが、約7時間のビデオ講義や5回分の模擬テストなど内容の充実度は高いと思います。

またシグマの特徴である計算問題とデリバティブ問題は、動画によって傾向や計算方法などを説明してもらえるので、特に苦手意識がある方はぜひおすすめです。

 

価格

価格は一種・二種¥8,100スタディングと同等程度です。また、テキストを印刷したい方は、別料金で印刷可能なコースもあります。

 

キャンペーン・無料講座


現状、キャンペーンなどは行なっていないようです。

無料で一部のテキストを閲覧できるようですが、資料請求などもないため、知名度がない分、少し不安感があるかもしれません。今後よりよいサービスを期待したいです。

 

 

特別編:二種のみ通信講座

証券外務員の通信講座では、二種のみに特化して講座を設けている会社がいくつかありますので、二種を受験される方はこちらもご参考ください。

オンスク.JP

 

 

様々な資格学習が980円でウケホーダイ
いつでもどこでも勉強できるオンラインの資格学習サービス

多くの資格学習を月額制でサポート

並行して様々な試験を学習する方にはおすすめの講座。

 

まとめ

 

証券外務員試験は範囲も広く金融用語が多いため、学習に苦戦する人は少なくありません。なかなが仕事や学校との両立で時間を確保することが難しい人向けに、スマホでのeラーニング学習を各社充実させてきています。

まずは資料請求や無料講座を受講して、お試しすることをおすすめします。


プロがサポートしてくれる通信講座を利用して、短時間で効率的に合格するために検討してみてはいかがでしょうか?